2015年10月20日

無職で保証人なしの賃貸はレオパレスがいい!



保証人が不要の賃貸の場合、不動産会社は入居希望者に対して、第三者の保障会社を立てます。 レオパレスに入居希望に行った場合に、保障会社の審査に通らないと無職では契約ができません。 審査は通常数時間で終わり簡単なものですが、意外と細かく記入する書類があります。

■ 職業

■ 年収

■ キャッシングの額

恐らくこの辺りが無職の方ですと困るところです。


職業
一般的に言われている順位は
1正社員2自営業3アルバイト 派遣、パート4専業主婦5学生6無職
一番不利なのは残念ですが「無職」

ですが、自営業とすれば無職から一気に脱退できます。無職の部分をクリアーするには、無職でなく簡単にこちらのサイト を参考にして、 自営業として正式に国に登録してしまえば、一般社会で他者より有利になります。 自営業の開業届をしてしまえば、設立初年度の場合そのコピーが証明として提出できます。

年収
年収を記入する四角い欄がありますが、自己申告制で特に事実かどうか照合することはないので 適当に300万円以上の金額を迷わずに記入しておきましょう。

借入金の額
この金額は正確に記載する必要があります。恐らく消費者金融から幾らキャッシングしているか調べるのだと 思います。借入金額が大きいと審査で圧倒的に不利ですが、正確に明記するしかありません。




保証人必須の賃貸の場合


保証人が別途で必要の賃貸の場合、普通は特に審査はありませんが、「無職」ということで少し警戒されます。
「職を探してます」という場合、就職先が運よく決まったら会社の連絡先を教えて下さいと言われて、ひとまずは入居できる場合と出来ない場合があります。 不動産屋しだい(個人でやっている大家さんでは嫌がられるケースが多いです。)になるでしょう。

もし「保証人」も立てるのが難しいようでしたら、有料ですが(3万円前後)「保証人代行」を上手に利用することもできます。

posted by ニート at 15:32| Comment(0) | 無職で賃貸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。